ホーム » 生える力UP » 毛母細胞の活性化を促す|世界で認められた発毛力

毛母細胞の活性化を促す|世界で認められた発毛力

毛母細胞を活性化させる
毛母細胞は、毛乳頭から発毛信号を受けて働きます。
つまりは、この毛乳頭から発毛信号を強くすることができれば
髪の発毛力は上がります。


毛乳頭の発毛信号を上げるために
いろいろな工夫を、インターネットや雑誌で見かけます。


そのほとんどが、血行促進をすることで
栄養を毛乳頭に、できるだけ多く届けて活発化させ
毛乳頭からの信号を強くするというものです。


頭皮マッサージにはじまり
適度な運動や辛いものを少し食べるなどなど
血行促進作用のある育毛剤もたくさんあります。


ただ、血行促進をしても
なかなか回復してくれないから
育毛は手強いですよね。


●最近ニュースにもなりましたが

サラヴィオ化粧品という会社が、世界毛髪研究会議で最優秀賞を取りました。
ヤフーニュースや新聞やテレビなどでも紹介されていたので
知ってる人は知ってるかもしれません。


なんだか世界毛髪研究会議って怪しいなぁと思って調べてみたのですが
なんでも世界46か国、250の毛髪関連演題がある中での受賞で
その中には、各国の大学医療機関も名前を連ねる会議で
その中での受賞ということなので、凄いことですね。


サラヴィオ化粧品が受賞できたのは
マイクロセンサー理論と言って、簡単に言えば
毛乳頭の繊毛を初めて顕微鏡で見ることに成功し
その繊毛の長さが長くなる程、毛母細胞を活性化させるということ


そして、サラヴィオが提供する育毛剤で実験したところ
この毛乳頭の繊毛が、300%になるとのこと


つまり、これが世界に認められた発毛力になりますよね。
毛乳頭の繊毛を長くして、毛母細胞を活性化
これが発毛につながるということです。


血流促進の育毛剤を使っただけでは
なかなか回復しないという人は
実験でデータが出てる、世界に認められた育毛剤を
使って試してみると効果が出るかもしれませんね。

Return to page top