ホーム

頭皮の地肌が見える|早目の処置で薄毛の進行を止めるには

頭皮の地肌が見えるようになると
ちょっと鏡を見たり
ガラス越しに自分の姿が見えると
どうしても頭が気になりますよね。


一種の老化現象のようなもので
ホルモンの影響により
髪の毛が細くなって来たり、抜け毛が増えたりと
頭皮の地肌が見えやすくなってきます。


薄毛が進行する前に
気が付いたら、早目に対策をしましょう!


対策と言っても
いったい何をすればいいのかわからないと思いますので
ご参考までに、まとめておきます。


少し上にも書きましたが
一種の老化現象のようなもので
男性ホルモンが影響しているところが大きいのです。


男性ホルモンにより
髪の毛が太く成長する前に抜けるようになるので
男性ホルモンを意識した対策が必要となります。


その男性ホルモンの名前は
ジヒドロテストステロンと言います。


対策は、一つだけというよりも
生活全般を見直す方が
改善する可能性は高くなります。


ジヒドロテストステロンによって
細く、すぐに抜けてしまう髪の毛を
太く強くするために
髪の毛の発毛力を上げる必要があります。


毛根部で髪の毛は生成され
栄養は、血液からもらって活動します。
ですから、血行促進を意識する必要がありますし
血行促進以外にも、最近では
毛根部を活性化させる育毛剤もあります。


食事については
ジヒドロテストステロンの生成を抑制するために
亜鉛や大豆イソフラボンなどを積極的に摂取し
油ものは控えるようにしましょう。

薄毛の対処法|早期対策だから発毛する確率が高くなる

恥ずかしいからなかなか人に聞けなかったり
インターネットで見ても、色々と対策があります。
本当にどれがいいのかわからずに
自分が信じる道を進む用な感じの人が多いのが育毛対策


ある程度の年齢が行くと仕方がないと
半ば諦めたような感じにならないためにも
できるだけ早めに対策しておく必要があります。


そもそも、男性の薄毛は
男性ホルモンによる影響が大きいと言われています。
そして、年令を重ねるごとに
毛根部の発毛力も衰えが加わり、徐々に薄毛が進行していきます。


勘の良い人ならもうおわかりだと思いますが
薄毛の対処として効果を出したいなら2つのことに注意して下さい。
1.男性ホルモン対策
2.発毛力を取り戻す


この2つです。
男性ホルモンについては
豆腐や納豆といった大豆イソフラボンを含む食品や
牡蠣や抹茶や煮干しに含まれる亜鉛
これらが、男性ホルモン対策に良い食品と言われています。


そもそも、薄毛を考えた時に悪い働きをするホルモンは
ジヒドロテストステロンと言って
酵素の5α-リダクターゼと男性ホルモンのテストステロンが
結合することによって生成されます。


これらの食品を摂取することで
結合を阻害する働きがあるので
結果としてジヒドロテストステロンを減らすことが出来るというわけです。



発毛力を取り戻すには
頭皮マッサージや適度な運動と言われますが
そもそも、これらは血行を良くすることで
毛根部の血行を良くして、栄養を運び
毛根部を若返らせるのが目的です。


喫煙は血管の収縮作用があるので
血行促進とは逆効果
ですから禁煙しましょうと薄毛の人は特に言われます。


その他にも、髪を生成する毛母細胞を活発にする成分が
研究の末にわかってきています。
こういう成分が配合された育毛剤を使って
頭皮マッサージをすることで、発毛力もアップします。


色々と薄毛の対処は、噂で出回りますが
結局のところ
1.男性ホルモン対策
2.発毛力を取り戻す
この2つの点に注意して対策することで
薄毛の回復確率もかなり上がります。

Return to page top