ホーム

AGAの定義とは?もしかしてと思うなら要チェック

AGAとは、もちろん男性型脱毛症のことです。
最近では、ストレス社会と言われストレスを抱えている人が多く
食生活や生活環境も乱れやすく
薄毛が進行しやすい、環境が整っています。


ちょっと最近抜け毛が増えてきた。
親戚に薄毛の人がいる。
何だか、髪が細くなってきた。
昔みたいに、髪の毛にコシがなくなってきた気がする。


などなど、薄毛が気になる場面も多くあります。
もしかして、AGAかもしれないと思ったら
病院にかかればいいのですが、そんな時間すら無い。


このような人も多いそうなので
AGAの定義について、まとめたいと思います。


●思春期以降に始まって、少しずつ進行する。
●男性の前頭部または頭頂部または、両方の頭髪が薄くなり
側頭部と後頭部以外が脱毛する
●固くて太かった髪が、柔らかく細くなる。

簡単にまとめると、このようになりますが
あなたは、いかがでしょうか?


男性の場合は、当てはまるという人の数が
かなり多いと思います。
AGAも早目に対策をすれば、治りやすいと言われているので
少しだけ対策を、お伝えします。


AGA対策は、2つのポイントを押さえるべし!


発毛力を上げること
発毛力を上げるには、毛根部を活発にして上げる必要があります。
血行促進が良いと言われるのは
血液によって毛根にも栄養が運ばれやすい環境を作ることができるから


色々と方法がありますが
ここでは、やはり発毛力を助けることが出来る育毛剤を使うのがオススメ
特に、世界の育毛会議で受賞したノウハウを持つ会社が作った育毛剤
発毛力に特化するなら、この育毛剤ですね。


次に、男性ホルモン対策
AGAで病院を受診してお薬を貰って対策することも方法ですが
副作用が気になるところです。


まずは、生活環境を変えて
薄毛を促進する男性ホルモンを少なくする必要があります。
そのために良いと言われるものが
亜鉛・大豆イソフラボン・ノコギリヤシなどです。


ノコギリヤシは、サプリメント以外から摂取するのが難しいので
亜鉛や大豆イソフラボンを積極的に摂取するように
心がけるようにして下さい。

髪が脂っぽいから薄毛が目立つ|悩みを解決する方法とは?

髪が油っぽいという症状と薄毛の症状
2つに分けることが大切だと考えます。


髪が油っぽいから薄毛が進行しているのかも?
このように思う人も多いのですが
髪や頭皮が油っこいことと、薄毛には関係性は無いと言われています。


ただ、AGAの場合には皮脂腺が活発になって
脂性になりやすいという人もいるのですが
どちらかと言えば、否定的だと考えます。


髪が油っぽいことで
髪がまとまってしまい、ただでさえ気になる薄毛が
強調されてしまいそうな気がして・・・
という意見も良く聞きます。


髪が油っぽい場合の対策ということで
まずは、皮脂腺が活発になる原因について


●動物性脂肪の多い肉類を良く摂取している
●ストレス
●睡眠不足や不規則な生活
●湿度が高い時期
●頭皮の水分が少ない時


何となくですが、思い当たるところもあると思います。


自分で何とか出来るものと出来ないものとあると思います。
できるだけ、この皮脂腺を活発にする原因を
取り除くように生活習慣を見なおしてみましょう。



次に薄毛の対策ですが
これは、原因はたくさんあるわけですが
対策は2つのポイントを押さえることで
回復する可能性が高くなります。


①発毛力をつける
発毛力というと難しく感じるかもしれませんが
簡単にいえば、髪の毛の根本の毛根部
ここを活発にしてあげる対策をすることです。


血行促進することで栄養が毛根部にも運ばれ活発になりますし
世界に認められた技術を応用した育毛剤は
発毛シグナルを300%UPさせるものも最近はあります。


②男性ホルモン対策
男性ホルモン対策と言っても
ホルモンを直接的にどうにかしようということではなく
薄毛の原因となるホルモンの発生を抑制しようという考え方


例えば、亜鉛やノコギリヤシや大豆イソフラボンと言われる物は
男性ホルモンと酵素が結びつくことを抑制し
抑制することで薄毛ホルモンの発生を少なくするというものです。


色々な角度から、様々なアプローチで
薄毛+脂対策を行って下さい。
諦めずに、継続することで、もちろん治る可能性も高くなりますから

Return to page top