ホーム

AGA治療は効果あり?フサフサに戻る育毛対策

前頭部や頭頂部から、はじまる薄毛
家族に薄毛の人がいる
思春期以降に薄毛傾向になってきた。


こういう人は、AGAである可能性が高いと言われています。
病院に行って、調べてみないことには
はっきりと断言はできませんが、思い当たる節がある場合には
きっとAGAだろうなと考えていたほうが良いと思います。


今現在のAGA治療は、お薬を使った治療がメインとなっています。
薬局で販売されている、血行促進系のお薬ではなく
男性ホルモン対策をする場合がほとんどです。


男性ホルモン対策を、お薬を使って改善が見られない場合には
血行促進系のお薬を使ったりといった治療になります。


AGAですって言われて
男性ホルモン対策用の飲み薬が処方されて
早い人なら、一ヶ月ほどで違いに気がつくわけですが
やっぱり、お薬ですから効果ありの人と、なしの人っています。


その違いは、早くに効果が現れる人と、そうでない人に分けられるように思います。
必ずしもそうであるということではありませんが
そうである場合が、極めて多いということです。


なかなか効果がないお薬で
副作用ももちろんあるということで
途中で諦めて、独自の薄毛対策がはじまるわけです。


AGAは、男性ホルモンによる影響が大きいと言われていますが
もちろん、それだけではないのでしょうね。
男性ホルモン対策だけでは、改善が見られない人もいますから


やはり、毛根部で髪の毛が生成されるわけですから
その毛根部を元気にしてあげる治療も必要です。


それが、血行促進を代表とする毛根を元気にする育毛対策です。
最初、薄毛に気がついたら、まずは
この毛根を元気にする育毛対策で発毛力を上げるといいですよ。


男性ホルモンによる影響は
髪の毛が成長する前に、脱毛毛司令を出して
抜けやすい状態になってしまうことにあると言われています。


発毛力を上げることで
少しは抵抗できると思います。
最近の世界で認められた研究で
育毛剤の実力を証明されたものもあります。


こういった成分が配合された育毛剤で
まずは、発毛力をつけ
そして、男性ホルモン対策という流れが
育毛の、ゴールデンパターンとなります。

髪の量が減った|早期対策で薄毛の進行を防ぐには

歳を重ねるごとに、思うことですが
『髪が全体的に細くなった』
『髪の量が減った気がする』
『髪にコシがなくなってきた』
などなど、人によって様々です。


ただ、そういう思いとは真逆側にいるのは
まさか自分が、薄毛にならないだろう。
同い年のあの人も、まだ大丈夫そうだし。
家系的に遺伝を考えると薄毛の可能性も・・・
このような思いと交差し、自分の中に落としこむことが出来ない人も多いようです。


キツイ言い方でズバリといいますが
歳を取ってくると、男性ホルモンの影響もあり
髪の毛が細くなり、薄毛が少しずつ進行するものです。


この薄毛改善の難しいところは
認めたくない自分がいて、対策が遅れがちになること。
遅すぎると、本当に治りにくくなります。


気がついたら、できるだけ早く
薄毛対策をしていった方が良いと思います。


何からするかということですが
発毛力を上げることが最優先です。


発毛の仕組みは、毛根部に栄養を届けると良いと言われています。
毛根部に栄養を届けることで
毛根部にある毛乳頭から発毛司令が毛母細胞へ
そして、毛母細胞で髪の毛が生成されます。


もっとも、簡単に言ってしまえば
毛母細胞を活発にすること


毛母細胞を元気にするには
育毛剤を使うことが一番です。


特に、毛髪理論を世界で認められた日本企業があり
その企業さんが作っている育毛剤が良いと
口コミでも人気になっています。


あとは、毛根部に栄養を与えるために
血行促進をイメージして生活をすること
頭皮マッサージも良いですし
適度な運動もいいです。


血液の流れを意識して、カプサイシンを適度にとることも良いと言われています。
そう言ったことを、総合的に取り入れることで
早期対策ができますので
なかなか、結果が出にくい薄毛対策ですが
諦めずに、頑張りましょう。

Return to page top