ホーム

薄毛は食生活改善だけで治る?育毛で摂取すべき栄養素について

薄毛は、食生活を改善しただけで治りますか?
このように聞かれることが多いのですが
インターネットや口コミなどで見ても、治りませんという人のほうが多い印象です。


実際に、食生活だけ見なおして治りましたという人を
見たことがないという方が、わかりやすいかもしれませんね。


もともと、髪の毛は『ケラチン』というタンパク質からできているので
タンパク質を多く摂取する方がいいですよ。


男性ホルモンが薄毛の原因の大部分ということで
薄毛を促す男性ホルモンを抑制するために
『亜鉛・大豆イソフラボン・ノコギリヤシ』これらがいいと言われます。


脂性だと、抜け毛が増えると言われる場合がありますが
これは、無関係ではないかという意見もあり分かれています。
ただ、育毛剤の浸透は悪くなるので脂性対策をするには


『ビタミンB2・ビタミンB6』


積極的に摂取するように気をつけた方が良い栄養素ですね。
ただ、これだけでは改善しないという人が多いです。


原因は、色々とあると思いますし
この摂取する栄養素が原因で薄毛になったのではなかったというところが
大きいのだと思います。


食生活は、薄毛対策の補助的な役割だと考えたほうが良さそうですが
もちろん、意識しないよりは意識した方がいい
ですが、考えすぎてストレスになるくらいなら大雑把でいいように思います。


薄毛対策として、まずは育毛剤で
発毛する力を上げていくことが、改善への近道


血行促進を大きく掲げた育毛剤ばかりが並んでいますが
血行促進することで栄養素が毛根部にまで届いて
発毛力が上がると言われています。


ただ、毛根部を元気にするには
血行促進だけでは、力不足だと思います。
例えば、世界で認められた理論で証明されている育毛剤を使ったり
補助的に食生活を見直すことで薄毛が改善に向かいやすくなります。

オナニーをすると薄毛進行|育毛でオナ禁すれば回復するのか?

以前から議論されたり
オナニーをしたから薄毛になったという人も多くいます。
オナニーは、薄毛の原因となるのでしょうか?


⇒ オナニーよりも大切な毛根を活発にする育毛剤


医学的な視点から見ると
そんなことは、全く根拠がないという人もいますし
射精の時に、放出される成分が・・・


このように言う人もいます。


それでは、オナニーで体外に排出される成分の中で
薄毛に関係しそうな成分をピックアップしてみます。


一回分の射精で
150mgの蛋白質
米国1日推奨量の3%の亜鉛を含む銅


タンパク質は、もともと髪の毛の成分でして
これらが放出されるから
髪の毛に栄養が回らない。


亜鉛は、薄毛ホルモンを抑制する働きがあるのに
結構な量、体外に排出されるため
それによって薄毛ホルモンが増えてしまう。


このような理由から、オナニーで薄毛は進行すると言われるようです。


ただ、特に若い頃は
一日に何度もするという人もいますし
それでも、薄毛になっているという人は少ないですし


射精回数が、多いだろうと思っている人を見ても
その人が必ずしも薄毛だということもありません。


昔から、テレビやアニメなど
薄毛のキャラクターは、スケベであることも多いようですし
そういったところから、面白おかしく広がった話ではないかと思います。


オナニーが薄毛の原因に少し関係あるとしてです。
自分の欲求を我慢してるとストレスがたまります。
もちろん、このストレスも薄毛の原因と言われますし
どちらを取るかと言われれば、やりたいならやればいいのだと思います。


それよりも、回復させるために
どんな対策をしていくか?
これのほうが、オナニーどうこうよりも大切です。


まずは、薄毛が気になり始めたら
オナニーを止めるよりも
発毛力をつけることについて考えましょう。


育毛剤の中には、世界に認められた理論を使って
証明された物も最近は、販売されています。



そう言った、育毛対策を考えてみて下さい。

Return to page top