ホーム

発毛のプロセス|これからの育毛に役立つ知識

ここでは、AGA(男性型脱毛症)について解説していきます。


AGAの場合には、前頭部・頭頂部が薄くなっていく場合が多く
これは男性ホルモンによる影響だと言われています。


男性ホルモンのテストステロンと、5α-リダクターゼと言われる酵素
この二つが結びつくことでジヒドロテストステロンと言われる
強力な脱毛ホルモンが生まれます。


5α-リダクターゼが、前頭部と頭頂部に集まりやすいことから
この場所でジヒドロテストステロンが発生しやすく
そして、薄毛に進行しやすくなっています。


こうして進んだ薄毛を改善させるもっとも有力な発毛プロセスは
発毛力を上げることが一番です。


そのプロセスを知るために一つ知っておかなければならないことがあります。
それは、髪の毛がどのように生成されるかということ


髪の毛が生成されるのは、毛母細胞
この毛母細胞を活発に元気にすることで髪の毛は生えてきます。


そして、その毛母細胞を活発にさせるものが
毛乳頭細胞の繊毛から発する発毛信号


毛乳頭を元気にさせることが、つまり毛母細胞を活発化させ
そして、発毛力につながります。


ですから、血行促進とよく言われますが
血行により毛乳頭に栄養を運んで
毛乳頭を元気にさせてあげると良いとよく言われます。


血行促進も、もちろん大切な育毛対策ではありますが
最近の新しい研究では
この毛乳頭からの発毛信号を強くさせる成分もわかってきています。


こういう育毛剤を使うと直接的に発毛信号を強くすることができます。



発毛プロセスのまとめ

①毛乳頭細胞を活発化させる
②毛母細胞が活発化すし髪の毛を生成する力がUP


この2つのプロセスをしっかりと覚えておいてください。
そして、これは育毛対策として良いのか?悪いのか?
迷った時には、結果的に毛乳頭細胞を活発化できそうか?
そうでないのか?これを目安に育毛対策していくことで
育毛に成功する確率が、かなり高くなります。

抜け毛が枕にたくさん|平均どのくらいなら大丈夫?

朝起きると憂鬱です。
枕に抜け毛がたくさんついて
ついつい本数を数えてしまいます。
このように悩まれている方も多いようです。


⇒ 毛根を活性化し抜け毛を減らす育毛剤


ただ、人間の髪は、一日で100本近く抜けるものと言われています。


ですから、少々枕についていても
何となく薄毛に対する恐怖から
枕の抜け毛を気にしてしまうという人も少なくないようです。


でも、気になってしまうということは
年齢が、薄毛になってもおかしくないくらいになっていたり
家族に薄毛の人がいて、遺伝を気にしているという人も多くいます。


通常生活しているときに抜ける髪
起床時に枕についている髪
あとは、洗髪時に抜け落ちる髪
その後、ドライヤーで乾かすときに抜ける髪
色々な場面で抜け毛が出てきて、これはヤバいと思うなら
やはり、対策をしっかりとすることが大切です。


抜け毛をしっかりと直すには
食生活・睡眠・適度な運動・ストレスをなくすことが大切だと言われます。
ただ、まだ抜け毛が気になる段階だからと
中途半端に対策しないように気を付けてください。


やるなら徹底的にです。


中途半端にしてたから、結局諦めなければならなくなったという人もたくさんいます。


食生活は、油ものは控えて
暴飲暴食をしないこと
気をつけて摂取した方が良いのは、亜鉛・ノコギリヤシ・緑茶・大豆イソフラボンです。


睡眠は、できるだけ22時~2時の間は眠っていること
この時間に髪が成長すると言われています。


喫煙者は、禁煙することも大切な育毛対策となります。
喫煙は、血管収縮作用があり
大切な栄養素が、頭皮の毛根部まで届かなくなってしまいます。


育毛剤を選ぶときには、毛母細胞を活性化させる成分が入ってるかどうか?
ここに注目して選んでみてください。


ただ、血管拡張作用だけでは少し育毛力が弱すぎるように思います。
できるなら、日本だけでなく世界に認められている
『加水分解酵母エキス』が入っているものがベストだと思います。



たくさんやることはありますが、どれも育毛において大切な事ばかり
できるだけ、頑張ってみるという気力
後は継続力があれば、抜け毛を少なくするのも難しくないと思います。

Return to page top