ホーム

頭皮が透けて見える|早目に育毛対策することで改善します!

頭皮が透けて見える場合のほとんどは
前頭部であったり、頭頂部であったりという部分です。
ほとんどの場合が、AGA(男性型脱毛症)


このサイトをご覧の人は、ラッキーかもしれません。
頭皮が透けて見えるだけの人って
『気のせいだ!』とか『たまたま、髪が脂で束になってるから』とか
『整髪料のせいで・・・』
このように言い訳を並べて現実を見ない人が多いです。


もっとストレートに言えば
現実を見ないというよりも、恐怖によって直視できない。
このように言った方が、わかりやすいかもしれません。


あなたは、どうですか?


本来なら、早めに直視して対策していくことで
回復する可能性が高いのですが
放置しすぎて、どうしようもなくなるなんてことも多々


現在、AGAの治療法は
飲み薬と塗布系のお薬を合わせた方法が一般的となります。


飲み薬の役割は、男性ホルモン対策
塗布系のお薬の役割は、発毛力を上げる
これです。


ただ、もちろんお薬ですから強い副作用があります。
まずは、生活環境の改善だけで様子を見てみましょう。



生活環境と簡単に言っても、やることはたくさんあります。
ただ、毎日の生活環境を帰るのって結構難しいですので
継続する力が必要になります。

朝と夜の育毛剤

この育毛剤は、発毛力ができるだけあるものを選ぶ必要があります。
ホルモン環境については
食生活の見直しである程度コントロールできますので
育毛剤に求めるものは、発毛力です。


ホルモン環境についても
考えられた商品がありますが
塗布系の育毛剤の場合は、なくても良いと思います。


発毛力のある育毛剤を朝と洗髪後に塗布して
指の腹を使って、しっかりとマッサージしながら揉み込みます。

食生活の改善

食生活の改善は難しいですよね。
何分男性の場合には、食事を用意してくれるのは
奥さんであったり、母親であったりする場合が多かったり
一人暮らしの場合には、外食が多くなります。


できる場合は、動物性の油の少ない食事を心がける必要があります。
そして、摂取した方が良い成分は
大豆製品に多く含まれる大豆イソフラボン
そして、亜鉛とタンパク質です。


できれば、毎日摂取するように心かげることで
この食生活の改善で男性ホルモン対策をすることができます。

睡眠の改善

この睡眠の改善についても
仕事の関係で、必ずしもできるというものではありませんが
できるだけ、22時から2時の間は眠るようにしましょう。

この時間帯が髪の育つゴールデンタイムと言われています。

禁煙

禁煙については、良く言われることだと思います。
これが悪いのは、血管の収縮作用がる事で
頭皮に栄養分が行きにくくなるためです。


最近は、喫煙も病気という認識もあり
病院によって保険適用で、禁煙外来を設置しているところもありますので
お薬を使ってやめるというのも手だと思います。



いかがだったでしょうか?


やることはたくさんあると思いますが
あなたの生活に少しでも取り入れることで
頭皮が透けにくくなってくると思います。


少しずつ、継続的に実践してください。

サクセスは効かない?効果のある育毛剤の選び方

薄毛が気になると、多くの人が買い求めるサクセス
TVCMなどのでも露出度が高く
認知度の高さでは、かなりのものです。


ですから、使用している人が多い育毛剤でもあります。
そして、口コミで効かない・・・なんて声も


これには色々と理由があると思います。
効かないと言ってる人のほとんどが使っているのは
育毛トニックが多いんですね。


育毛トニックに関して言えば
血行促進による発毛効果と
ちょっとした、男性ホルモン対策


これだから、効かないって言われることが多いんですね。


薄毛が気になり始めたら
まずは、発毛力のある育毛剤と生活習慣を見直して男性ホルモン対策が一番



発毛力のある育毛剤について


血行促進も、結果的に毛母細胞を活性化させ発毛を促し発毛力をUPします。
ただ、これだけではちょっと・・・
もっと良い成分があります『加水分解酵母エキス』ですが
これが含まれる育毛剤は、研究で毛母細胞を活性化せることが確認されています。
そしてプラスαとして、血行促進の成分も含まれた育毛剤


今までの育毛剤ってサクセスだけにとどまらず
発毛力に関して言えば、血行促進に頼り切っているものばかり
他にも毛母細胞を活性させると言われる成分もあるにはありますが
実験がしっかりと確認できるように説明されているのは
この育毛剤だけだと思います。


そして、生活習慣ですが
まずは、食生活を見直しましょう。


摂取した方が良い成分は
亜鉛・大豆イソフラボン・ノコギリヤシ
これらが良いと思います。


亜鉛が含まれる食品
牡蠣・ビーフジャーキー・豚レバー・卵の黄身・プロセスチーズ・ごま・抹茶など


大豆イソフラボンが含まれる食品
納豆・豆乳・豆腐・油揚げ・大豆・きな粉・みそなど


ノコギリヤシが含まれる食品
これは、サプリメントが主となります。


こういったものを積極的に摂取することで
主に男性ホルモン対策となります。


これらを組み合わせた、育毛がお勧めです。

Return to page top