ホーム

毛根を復活させるM-1ミスト|世界毛髪研究会議でも最優秀賞

毛母細胞の増殖.jpg⇒ 毛根を復活させるM-1ミスト

世界毛髪研究会議で最優秀賞のマイクロセンサー理論とは?


色々見ていると結局何が凄いのかって思ってしまうマイクロセンサー理論
簡単にここで説明します。


毛根部で起きていることをまとめると
毛乳頭細胞から毛母細胞へ発毛信号が送られ髪の毛が生えてきます。


その毛乳頭細胞からの信号の送受信に関わっているのが繊毛という部分
この繊毛を顕微鏡を使って目に見える形にしました。
そして、繊毛の長さを長くすることで発毛信号も強くなり
髪を生成する毛母細胞や線維芽細胞の細胞分裂につながります。


M-1ミストに含まれる『加水分解酵母エキス』
この成分が繊毛を長くすることも発見され
毛根を復活させることにつながるということで
注目される育毛剤となっています。

⇒ マイクロセンサー理論を使ったM-1ミスト

薄毛を改善するための努力

世の中にはいろいろな育毛法があります。
頭皮マッサージ
頭皮のブラッシング
カプサイシンを摂取
適度な運動
等様々です。


血行促進を使って、毛乳頭細胞を活性化して
毛母細胞を元気にしてあげることが
毛根復活につながるということですね。


あなたも、どれかはチャレンジしたことがあるかもしれません。


このマイクロセンサー理論が発表されて思ったのは
つまり、どれも『毛母細胞の活性化』
これにつながっていたのだろうと思います。

世の中の毛母細胞を活性化させるためにという考え方に
また、新しい、そして強力な方法が加わりました。

M-1ミストの成分

マイクロセンサー理論でも登場した注目の『加水分解酵母エキス』
これによって、毛乳頭の繊毛を長くして
毛根復活させて、髪の毛の発毛力を上げる成分。


『トウガラシエキス』で血行促進や消炎作用を促し
殺菌や保湿目的で『ペンチレングリコール』や『フェノキシエタノール』



安心して使えるM-1ミスト

育毛剤を販売している企業でも
研究機関も一緒にしているところって
殆ど無いと思います。


研究と発表そして商品開発までやってる企業だからこそ
安心して使えるからこそ
口コミでも、人気になっています。

毛母細胞を活性化させるM-1ミスト

辛い食べ物は薄毛に良くない?育毛に良い生活習慣

『辛い食べ物ばかり食べていると薄毛が進行しますか?』

この質問は、本当に多くの人が考える事のようです。


その背景を見てみると

辛いものが大好きで、よく食べてるからという人や

辛いものを食べると頭皮にとても汗をかくので

このように言われる人が多いようです。


ズバリ答えると

もちろん、食べ過ぎは良くないと思いますが

適度になら逆に育毛になります。


多くの育毛剤が、売りのポイントとしていることに

血行促進というものがあります。


これは、血行促進することで

髪の毛を作る場所である毛根部に栄養を与えて

活発にするから、発毛力アップに役に立ちます。


もちろん、辛い食べ物を食べることも

同様に血行促進効果があると言われているので

発毛力アップになります。


ただ、このように食事による育毛は補助的なものと認識しておいたほうが良いと思います。

食事制限だけで、育毛が成功できたという人は

殆どいらっしゃらないからです。


インターネットの書き込みなどを見ても

色々な角度から考えながら育毛に取り組んでいる人が成功しています。


もっとも効果を発揮するのは

やはり育毛剤です。

その中でも、世界に認められた実験で結果を出している育毛剤もあります。

口コミでも、かなり人気になっていますし

最近では、理容室で取り扱っている所も多くなったようです。


そして、睡眠時間はよく言われますが

成長ホルモンが活発的になると言われる

22時から2時の間

この時間は、しっかりと睡眠をとるように心がけます。


後は、男性ホルモンを意識して

亜鉛・ノコギリヤシ・大豆イソフラボンなどを

多めに摂取


脂性の方は、ビタミンB2・B6などを意識的に摂取するのもいいみたいです。


こうしてみてみるとわかると思うのですが

規則正しく、生活をすることが

やっぱり、育毛でも良いということです。

Return to page top