ホーム » 薄毛対策 » 髪が脂っぽいから薄毛が目立つ|悩みを解決する方法とは?

髪が脂っぽいから薄毛が目立つ|悩みを解決する方法とは?

髪が油っぽいという症状と薄毛の症状
2つに分けることが大切だと考えます。


髪が油っぽいから薄毛が進行しているのかも?
このように思う人も多いのですが
髪や頭皮が油っこいことと、薄毛には関係性は無いと言われています。


ただ、AGAの場合には皮脂腺が活発になって
脂性になりやすいという人もいるのですが
どちらかと言えば、否定的だと考えます。


髪が油っぽいことで
髪がまとまってしまい、ただでさえ気になる薄毛が
強調されてしまいそうな気がして・・・
という意見も良く聞きます。


髪が油っぽい場合の対策ということで
まずは、皮脂腺が活発になる原因について


●動物性脂肪の多い肉類を良く摂取している
●ストレス
●睡眠不足や不規則な生活
●湿度が高い時期
●頭皮の水分が少ない時


何となくですが、思い当たるところもあると思います。


自分で何とか出来るものと出来ないものとあると思います。
できるだけ、この皮脂腺を活発にする原因を
取り除くように生活習慣を見なおしてみましょう。



次に薄毛の対策ですが
これは、原因はたくさんあるわけですが
対策は2つのポイントを押さえることで
回復する可能性が高くなります。


①発毛力をつける
発毛力というと難しく感じるかもしれませんが
簡単にいえば、髪の毛の根本の毛根部
ここを活発にしてあげる対策をすることです。


血行促進することで栄養が毛根部にも運ばれ活発になりますし
世界に認められた技術を応用した育毛剤は
発毛シグナルを300%UPさせるものも最近はあります。


②男性ホルモン対策
男性ホルモン対策と言っても
ホルモンを直接的にどうにかしようということではなく
薄毛の原因となるホルモンの発生を抑制しようという考え方


例えば、亜鉛やノコギリヤシや大豆イソフラボンと言われる物は
男性ホルモンと酵素が結びつくことを抑制し
抑制することで薄毛ホルモンの発生を少なくするというものです。


色々な角度から、様々なアプローチで
薄毛+脂対策を行って下さい。
諦めずに、継続することで、もちろん治る可能性も高くなりますから

Return to page top