ホーム » 髪が生える理屈 » AGAの定義とは?もしかしてと思うなら要チェック

AGAの定義とは?もしかしてと思うなら要チェック

AGAとは、もちろん男性型脱毛症のことです。
最近では、ストレス社会と言われストレスを抱えている人が多く
食生活や生活環境も乱れやすく
薄毛が進行しやすい、環境が整っています。


ちょっと最近抜け毛が増えてきた。
親戚に薄毛の人がいる。
何だか、髪が細くなってきた。
昔みたいに、髪の毛にコシがなくなってきた気がする。


などなど、薄毛が気になる場面も多くあります。
もしかして、AGAかもしれないと思ったら
病院にかかればいいのですが、そんな時間すら無い。


このような人も多いそうなので
AGAの定義について、まとめたいと思います。


●思春期以降に始まって、少しずつ進行する。
●男性の前頭部または頭頂部または、両方の頭髪が薄くなり
側頭部と後頭部以外が脱毛する
●固くて太かった髪が、柔らかく細くなる。

簡単にまとめると、このようになりますが
あなたは、いかがでしょうか?


男性の場合は、当てはまるという人の数が
かなり多いと思います。
AGAも早目に対策をすれば、治りやすいと言われているので
少しだけ対策を、お伝えします。


AGA対策は、2つのポイントを押さえるべし!


発毛力を上げること
発毛力を上げるには、毛根部を活発にして上げる必要があります。
血行促進が良いと言われるのは
血液によって毛根にも栄養が運ばれやすい環境を作ることができるから


色々と方法がありますが
ここでは、やはり発毛力を助けることが出来る育毛剤を使うのがオススメ
特に、世界の育毛会議で受賞したノウハウを持つ会社が作った育毛剤
発毛力に特化するなら、この育毛剤ですね。


次に、男性ホルモン対策
AGAで病院を受診してお薬を貰って対策することも方法ですが
副作用が気になるところです。


まずは、生活環境を変えて
薄毛を促進する男性ホルモンを少なくする必要があります。
そのために良いと言われるものが
亜鉛・大豆イソフラボン・ノコギリヤシなどです。


ノコギリヤシは、サプリメント以外から摂取するのが難しいので
亜鉛や大豆イソフラボンを積極的に摂取するように
心がけるようにして下さい。

Return to page top